口腔外科について

口腔外科とは、お口の中、顎、顔面等に現れる先天性および後天性の病気を診断、治療する診療科です。
対象疾患は、歯が原因のものから、がんなどまで、さまざまです。
また、交通事故やスポーツなどの外傷や顎変形症、唾液腺疾患などに加え、口腔粘膜の疾患や神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。
これらの外傷や病気により正常な咀嚼機能、構音機能(言葉の音声を発する機能)が障害を来たし、審美的な問題までが生じます。
口腔外科治療を行うことは、失われた機能や形態の回復、症状の緩和を行うことを目的としています。

例えば、以下のような場合はご相談ください。

歯の奥が痛い、歯茎が腫れた

親知らずや永久歯などが顎の骨に埋まったままうまく生えないと(埋伏歯:まいふくし)、それが原因となって歯茎に炎症を起こしたりします。
また、虫歯や歯周病が原因で歯茎に膿が溜まり、腫れてくることがあります。

お口の中のできもの、水ぶくれ

お口や舌にできもの(腫瘍)が出来ることがあります。良性の場合は、摘出・切除が必要です。また、水ぶくれのようなできもの(嚢胞:のうほう)が出来た場合も、同様に摘出が必要です。

口や顎の外傷

交通事故やアクシデントなどで、顎骨が骨折した場合や歯が欠けてしまった場合、口の中の切り傷なども歯科口腔外科の治療範囲となります。

親知らずの抜歯

普通に生えていて、普通に噛めている親知らずなら、無理に抜く必要はありません。ただし、親知らずは正しい位置に生えてくることがあまりなく、横に生えたり、生え切らなかったりするケースがほとんどです。
そのため腫れを来たしたり、メンテナンスがしにくいことから、隣の歯までが虫歯になることが多く、何かとトラブルの原因になりがちです。
そのような親知らずは、抜いてしまったほうが良いと考えます。
まずはお気軽にご相談ください。

歯牙移植と歯牙再植

歯牙移植とは、虫歯が進行して残せなくなった歯があり、しかも自分の口の中に親知らずや、埋まっている歯があるような場合に、残せなくなった歯を抜いて、その代わりに親知らずなどを移植する治療法のことです。言わば「歯のお引越し」のようなものです。
なお、条件を満たせば、保険で治療が出来ます(保存出来ない歯を抜いた日と同じ日に、親知らずや埋まっている歯を移植した場合)。
また歯牙再植とは、根尖(こんせん:歯根の先端の部分)に膿の袋が出来て通常の根管治療(根っこの治療)では治せない場合などに、いったん抜歯して根尖の治療を施してから、再び元の位置に戻す治療法です。

高橋歯科医院概要
住所:〒340-0815 埼玉県八潮市八潮4-9-8 最寄駅:つくばエクスプレス「八潮駅」より徒歩8分 最寄りバス亭:東武バス「八潮車庫」バス停下車徒歩2分 ※駐車場を多数完備しておりますので、お車でのアクセスが大変便利です。
読み込み中…
医療法人社団 賢雅会グループのご紹介
  • 高橋歯科医院
  • 高橋デンタルクリニック
  • しおどめ歯科クリニック
  • あおぞら歯科クリニック